ビービーのFXブログ
お好きな詩とか歌とかをここに
ビービーのFX奮闘記
201708 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201710
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは

ビービーです。

FXとシストレ関係は明日報告します。

今日は、毛色の変った話題を一つ。

で標題の「日本って破綻するの?」ですが、民主党政権が続いた場合、間違い無く破綻しました。理由を簡単に下記します。具体的な数値を記しても推測の域を出ないので定性的な話をします。後、かなり簡単化してます。

1.民主党政権が続いたら日本が破綻する理由

まず、みなさんはアメリカ政府の債務残高をご存知ですか?2012年は16,7770億ドルです。現在のレートで日本円に換算すると1490兆円です。というわけで日本の債務残高1122兆円よりぶっちぎりで多いです。なのに今のところ一般的に日本の債務残高はよく問題視されるけど、アメリカの債務残高が日本ほど問題視(比較の問題でアメリカも問題視されている)されないのは何故ですか?
答えは簡単です。アメリカのGDPが日本の3倍近くあるからです。
つまるところ、債務の絶対額では無く、債務とGDPの比率が問題となるわけです。
日本は主要先進国の中で債務のGDP比率はぶっちぎりで悪いです。

で民主党政権が続くと何故破綻するかというと、なんの景気浮揚対策も打たず、デフレを放置所ではなく助長(デフレ化でバンバン増税しました。デフレ化の増税はGDPの毀損、税収減になることは自民党の橋本政権で証明済みですが民主党は阿呆の集団なので阿呆なことしかしませんでした。)して国債の発行を前の自民党政権より飛躍的に増加させました。簡単に書くと、債務を飛躍的に増やして、GDPを飛躍的に減らした訳です。つまり、民主党政権が続くと債務のGDP比が飛躍的に増大し近い将来あぼ~んです。

2.安部政権がしようとしていること

で、安部政権が何をしようとしているかというと簡単に書くと
①国債の発行残高を増やし、それを担保に景気浮揚対策をする。→GDP増加
②大胆な金融緩和を行ない景気浮揚対策をする→GDP増加、円安と輸入インフレが起きる
の2点です。
要は、安部政権のリフレ政策がうまく行くと、債務が増加する、GDPが増加するになります。ケインズ理論が正しければうまく行くはずで、過去の歴史を見る限り、うまく行く可能性のほうが失敗する可能性より飛躍的に大きいです。

とうわけで、債務の増加率がGDPの増加率より小さければ成功したとなります。

3.で長期金利はどうよ

リフレ政策をすると長期金利があがると良く言われますが、今のところ、市場は長期金利があがるとの反応はしていません。(今日現在で長期金利は毛ほどしか上がっていない)市場は事前に織り込むはずなので(株価は上昇し円安になっているのに長期金利は上昇してません)ここ2~3年程度は長期金利は飛躍的には上がらないはずです。

後、アメリカの長期金利は日本の3倍以上あるのでGDP比率ではアメリカの債務の利子払いの方が日本のそれより多いはずです。(当たり前なので調べていません)

4.バブルは起きないの?資産インフレは起きないの?

起きません。起きそうになったら、日銀が金融引き締めをすれば良いだけ。日銀がインフレの目を摘む事が抜群にうまいのはここ20年の日銀の行為が証明しています。

資産インフレの典型は不動産バブルですが、実際に不動産に投資している人間(ビービーはささやかながら不動産に投資しています)にとって当たり前のことですが、現在の不動産投資は投資に対する収益のリターンを重視しています。証券の一つの不動産リートはその典型ですが、概ね投資に対して税引き後4%以上の家賃収入が無ければその物件は売れません。

不動産のバブルが起きると言っている人は、現在の不動産投資の実態を全然知っていない人です。

5.日本の特殊性

・政府系資産が尋常なく多い。調べてみてください。民主党政権でどれだけ毀損したかは知りませんが、以前調べた時は、GDP相当額ありました。ある程度以上の規模の国の中でこんな国は、石油産出国を除けば日本だけです。日本のバランスシートは他国と比較してそんなに悪くありません。
・政府債務のほとんどを国内で消費している。やはりある程度以上の規模の国でこんな国は日本だけです。つまるところ海外のヘッジファンドが何度も日本売りを仕掛けていますが、失敗している理由はここにあります。
・上記のような状況なので、日本人が日本政府への信任を失わなず、債務対GDP比率がこれ以上増加しなければ、日本は破綻しません。


6.でビービーの対応

ビービーは、日本が破綻するとは露ほど思っていませんが、なななんと、日本国の破綻にひたすら備えています。ビービーは0.001%でも危険性があればそれに備えます。今後、マスコミや反日勢力が何をするかわからないのでわずかながら日本が破綻する可能性はあります。安部政権が長期政権になってマスコミがじゃましなければ上記の通り間違い無く日本は再生します。

①このブログを初めから読んでいただければ分かりますが、ビービーの資産のポートフォリオは、外貨と不動産です。いずれもインフレ下で強い資産です。ちなみに今年の目標のFXの口座残高5000万円は意味があってこれは60万豪ドルのリアルマネーを意味しています。

②ビジョンを書くと、
次のステップで現在、今、借りようとしている不動産ローンを全額繰り上げ返済します。予定は2014年12月31日までです。
さらに、FXの口座の現金残高を8500万円にします。これは100万豪ドルのリアルマネーを意味します。この時点で不労所得は500万/年程度になるので、嫁と2人なら暮らしに困りません。
その次は、小規模農家になります。これは3年以上かかると思うのでまだ詳細は調べていませんが、多分3000万程度必要と思っています。農家最強は、戦後の動乱期が証明しています。ちなみに家は新築になりますが、井戸付きで蓄電システム付きの太陽光パネルを屋根に設置し嫁の車は電気自動車にします。というわけで社会インフラが破壊されても自活できます。
さらにその次は、東南アジアの親日国に拠点を作ります。これは2000万円程度あればできると思います。これは日本が動乱期になったら一時的に逃げるためです。ちなみに年齢にもよりますが、100万豪ドルあればオーストラリアにも移住出来ます。
以上は全部、日本国内にいながら日本の破綻に備える経済的行為です。

ちなみに追記すると、ビービーはわずか数百万円程度ですが、金貨とプラチナ貨を持っています。これも日本の破綻に備えたものです。これがあれば、上記のビジョンがうまく行かなくても数年は凌げます。さらに細々書くと500米ドルと500ユーロの現金を家に保管しています。これも、日本円が使えなくなったら、その代わりに当座を凌ぐためです。豆知識ですが、多分、日本の破綻を声高に上げている人々で何も日本の破綻に備えていない人は知らないはずですが、金は、現金じゃなければ買えません。投資用不動産の住宅ローンは、個人レベルでは、変動金利でなければ借りられません。


③ビービーは日本の国家破綻に備えて日常生活では何をしているか?細々したこと書きます。
・車のガソリンは半分になったら給油して満タンにします。
・独身時代はスーパー保存水(5年備蓄可能)を大量に毎年購入し、毎年、保管切れのスーパー保存水を大量に捨てていた。結婚してからは、2リットルのペットのお茶と水を大量保管しています。
・独身時代は大量の缶詰を保管していた。水同様、毎年、大量購入、大量廃棄していました。結婚してからは常に大量の食料がストックされているので問題ありません。
・SASのサバイバルハンドブックは当然の必読書。水の作り方、火の起こし方、食料の確保方法、サバイバルの方法などが書いてあり、原始社会の中でも生きていける知識が満載です。日本では元傭兵で作家の柘植さんがサバイバル関係の本を書いています。当然、それも持っています。
・食べられる野草の本、食べられるきのこの本は同様に必読書です。
・カセットボンベは当然持っている。ガスカセットは数百本所有している。
・マッチ、ライター、蝋燭は大量保管、レンズ(火を起こす)、ナイフ(サバイバルの基本)も大量保管している。
・浄水器と浄水剤は当然保管。便利な浄水器(ストロータイプ)は東急ハンズで買えます。
・アルミシートは保温シート、テントの代わりになるため数枚ストック。これも東急ハンズで買えます。
・ここで止めますが、ノウハウはまだ腐るほどあります。

7.本当に日本が破綻すると思っている人々は何をしたか?

・当然、海外移住しています。リンクに貼ってある、アメリカ経済ニュースBlogの作者は日本財政破綻派ですが、アメリカ在住です。移住は若ければやりやすいし、富裕層も当然可能。少なくとも、アメリカのグリーンカードの取得方法、オーストラリアへの移住方法、東南アジアの親日国への移住方法は知っていて当然。ビービーは知識として当然知っています。
・実は、富裕層の資産の一部の海外移転はすでに終わっています。数年前、銀行からの海外送金の手続きがめんどくさくなったのはこれが理由ですが(時すでに遅しですが)、日本の破綻を声高に上げている人々で何も日本の破綻に備えていない人は当然知らない情報です。
・さらに極端な例を上げますが、銀貨を集めている若者がいました。彼の持論は、金貨は価値が高すぎて、一朝有事の際使用できないとのことでした。

さて、なぜ6~7を書いたかというと、日本が本当に国家破綻すると思って、なんらかの行動を取っている人にとって当然の知識だからです。これが真の日本破綻派は姿です。ばかばかしいでしょう。

8.今、声高に日本破綻を唱えている連中は日本破綻に備えてなんらかの行動をしているか?

していません。少なくとも最近、日本の破綻に備える方法の記述を見かけることは以前に比べ著しく減ったし、その手の政治、経済関係の情報源は、備えに対する記述はありませんか明らかに間違っています。つまり声高に日本の破綻を唱えているが、日本の破綻に備えていないという矛盾した行動を取っています。簡単に書くと完全に時代遅れだし(破綻すると思っている人の多くはすでに破綻に対する準備は終わっている)、真の屑です。憶測ですが、反日分子である可能性が極めて高い。要は、日本が破綻するのではなく、彼らが、日本を破綻させたいだけ。そのためのプロパガンダです。(民主党政権以前には日本破綻を語らず、安部政権のリフレ政策に対し日本破綻を言い出した、新参は特に怪しい。というかほうぼ間違いなく反日分子だと思う。言ってる事が理に適っていないし、行動も伴っていないし、破綻に対する備えもしていない。破綻本に騙されて、もう10年以上も日本の破綻に備えているビービーを差し置いて、日本の破綻を語るなど片腹痛いわ。)僕は、三橋貴明という経済アナリストの信者ではありませんが(何度も書いていますが、自分で調べて、自分で判断します。例えそれが間違った結論であってもです。)、日本破綻派より、日本が破綻しないと言い切って啓蒙している彼の方が日本にとって極めて有益な人材だしそもそも発想が健全だと思います。
追記しますが、日本破綻に備える手の情報源は意外とひっそりしています。声高に日本の破綻を訴えるのではなく、日本の破綻に備える投資方法、海外投資の方法、海外移住の方法等がひっそり記載されています。

景気は心理に左右されます。自分で調べて自分で結論を下すべきです。本当に日本が破綻すると思うのなら声高に騒ぐのではなく、それに備えれば良いだけ。ビービーは、安部総理のリフレ政策がうまく行くことを祈ってやみません。(変なじゃまが入らなければうまく行くはずです。ビービーそう思っています。)

ではでは

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。